水生活のすすめ

水について
水の種類
温泉水
ウォーターサーバー
水と美肌
日本名水100選
飲み物と水の関係
食べ物と水の関係
エコ
海外水事情

Last update:2014/9/11

 食べ物

 食べ物と水の関係

毎日のお料理は水が無いと何も始まりませんね。日本人の主食であるお米の炊飯や、野菜を茹でるなど
お水を使わないで、料理する事はまずないです。
この時にもお水の種類を分けると格別においしいくなります。普段水道水を使用しているなら違いに
驚くはずで。是非参考にしてみて下さい。

お食事の前は軽くお出かけをするのがいいそうです。 カラコンでちょっとしたお出かけ時のメイクもばっちり。
着けるだけですこしオシャレに見えるのがカラコンのいいところです。
お水と同じように、通販でも購入できますので是非カラコンを使ってみて下さい。 最近は、通販でまとめ買いしたお水が、日々の料理や健康維持に役立っています。  


 炊飯に適した水
   
炊飯をするのに硬水は厳禁です。カルシウムは食物組織を硬化させる性質があるので炊きあがったお米はパサパサになってしまいます。お米は65%は水分なので、できれば質のいい軟水で炊く事がおすすめです。また、水道水を使うと臭いがうつる上に
水道水に含まれる塩素が、せっかくの一部のビタミンを壊してしまいます。
なるべく水道水避ける事をお勧めしますが、已む得なく使う場合はお米をとぐ前に
10分ぐらいミネラルウォーターににさらすだけでもおいしく仕上がります。
 お出汁に適した水
   
出汁を取る場合に、硬度の高い水を使うと旨味成分と、ミネラルウォーターに
含まれているミネラル分が結合するためアクばかりが出てしまいます。
それでは肝心の素材の旨みを引き出すことができません。特に水の味が大きく
左右される和風だしをとる時は硬度の低い水が向いています。旨味成分であるグルタミン酸を引き出しやすいのは軟水!しかし、軟水は素材の臭みも同時に出る危険がありますので、煮出す時間には要注意です。
しかし、煮干しのような臭みの出やすい素材の場合には軟水は合いません。やや硬度の高い水で臭みを抑えるほうがいい場合もあります。

 野菜に適した水
   
野菜を煮たり、茹でたりするのはもちろん洗うにも、水道水は避けたいもの。
水道水に含まれる塩素が野菜ののビタミンやミネラルを破壊してしまうからです。
茹でる場合でなければ、極端に硬度の高い水以外どんな水を使用しても大丈夫。
ただし煮る場合には、やわらかく煮るなら軟水を、煮崩れしないように煮るなら
硬水(といってもアクが出るので中硬水あたりがお勧めです)が向いてます。
 お肉に適した水
   
堅いスジ肉を軟らかく煮込みたい時には、硬度300位の水がおすすめです。
これは、お肉を堅くする硬たんぱく質といわれる物質をアクとして遊離するからです。
したがって、骨付きのスジ肉などからだしを取る西洋風のスープストックを作る時には
硬度の高い水(中硬水〜硬水)でじっくり煮込むと、余分なタンパク質やカルシウム
マグネシウムなどがアクとして抜けいい味が出ます。
 パエリア(洋風ピラフ全般)に適した水
   
パエリアはスペインの料理ですが、お米の時と小さいパスタを使用する時と
2種類あります。
パスタは硬水で茹でるとこしが出て美味しいといわれています。
お米の際は中硬水(硬度60〜120)が適しています。
パエリア以外も洋風ピラフを炊く際には中硬水がおすすめです。

recommend

Last update:2015/4/1