水生活のすすめ

水について
水の種類
温泉水
ウォーターサーバー
水と美肌
日本名水100選
飲み物と水の関係
食べ物と水の関係
エコ
海外水事情


最終更新日:2014/9/11

 水と美容の関係

 水と美肌
   
赤ちゃんの頃は、なぜあんなにもお肌がぷるぷるなのでしょうか。それは赤ちゃんの頃は
体内の80%がお水で出来ているから、あんなにもぷるぷるなんです。
水割合は年齢が増すごとに減少していくので、年齢が増してくると肌がカサカサに
なってくるのです。
お化粧品に頼りたくなりますが、細胞は体の内側から作られているので
外から働きかけてもなかなか改善はしません。
十分な水を補給する事で新陳代謝が良くなり、細胞の老化を防いでいつまでもみずみずしいお肌を保てるのです。

 

 美肌水とは??(原液は冷蔵庫で保管)

自宅で作れるお化粧水の事です。材料も全て薬局で手に入ります。
経済的だし、自分で作るので本当に無添加の物が作れます。顔以外にもかかとのケアなどにも最適!
アトピー性皮膚炎の場合も良いとされていますが、傷などの症状があり美肌水が滲みる、という場合は
医師による適切な治療によって湿疹や傷などを一応健康な状態としてから使います。
最初は原液を薄めて使用するのが良いかと思われます。

 美肌水の特徴
1.肌を驚くほどしっとりさせる美肌水が材料を水に溶かすだけですぐ作れる。
2.「皮膚が水を保つ力」を増して肌を潤す強い作業が美肌水の多彩な効き目のカギ。
3.美肌水の主原料・尿素は皮膚科の治療や化粧品にも使われる安全で清浄な物質です。
  美肌水の材料
○水(浄水機を通さない普通の水道水)200ml  ※水道水の微量の塩素が防腐剤の役割を果たす
○尿素を50g  ※尿素はホームセンターなどで売られている純粋な尿素を使用(日本製が良い)
○グリセリンを小さじ1杯  ※グリセリンは薬局で市販されている(日本製が良い)
美肌水(原液)の作り方(密閉できる適当な容器を用意する)
1・水200mlに対して尿素50gを溶かす。
2・良く溶かしてから、グリセリン小さじ1杯を加えて良く振る。


 美容の際の軟水と硬水の使い分け方
軟水
 
洗顔やボディケアをする時に使う水は軟水が適しています。軟水で体を洗うと
しっとり感が出やすくて、すべすべになります。また、洗顔をすると突っ張り感が出にくくなり
髪を洗うとまとまり感が出てくるようになります。
ですので体の表面をケアする時には軟水がおすすめ!
硬水
 
体の中のケアにはやっぱり硬水が良いです。でも、とりすぎには注意が必要です。
ダイエットに良いと言われている硬水でも、コップ1杯以上摂ると、下痢を起こしたり
肌荒れを起こす事があります。日本では軟水が飲まれているので、身体が慣れていない事が
原因です。

 

 水と便秘

便秘は体重増加はもちろん、ニキビや肌荒れの原因にもなって女性の敵ですね。便秘の原因には、食物繊維の
不足、運動不足、不規則な生活、ストレスなどがありますが水分の不足もまた大きな要因のひとつと
言われています。
体内の水分が足りないと便が固くなって排泄されにくくなり、また消化液の分泌量も減ってしまいます。
水は腸のぜん動運動を刺激し、排便を促す役割も果すと近年の研究でわかってきています。
なので、十分な水分をとる事が便秘の解消のひとつとなりますのでたくさんお水を飲みましょう。
お水もおいしい水で美容・健康づくりができるなら一石二鳥ですよね♪

 

 水とむくみ

むくみとは体内に残ったままになっている老廃物が原因です。むくみ対策にはにはこまめに体を動かす(歩く)
足を上げて寝る、お風呂上がりに足のマッサージをするなどこまめなケアが効果的だと言われています。
また気になる足のむくみの原因は水の取りすぎだと思われがちですが、実は逆で水分不足が原因の
一つなんです。
むくみとはは体内に残ったままになっている老廃物が原因です。老廃物を溜まりにくい身体にするには
流れやすい環境を作るために、充分な水分をとることが大切。
水分といっても甘い物などは、逆に体重を増やしてしまいますので、やはりお水が一番です。

食べログ

Favorite

最終更新日:2017/3/10